POST値の参照は長く以下a1のような方式を取られていたが、
a2のようにPHP5以降インテリジェントでスマートなfilter_input()が
整備されたこともあり、積極的に使うべき!

(filter_inputはデータの整合性をチェックしたり、デフォルト値の指定をすることができます)

またa3のような書き方もあるが、任意にエラーを無視する方式のため、おすすめではないとのこと。

<form method=”post”>

<input type=”text” name=”a”>

<input type=”submit” value=”go”>

</form>

<?PHP

$a1=isset($_POST[“a”])?$_POST[“a”]:NULL; var_dump($a1);

$a2=filter_input(INPUT_POST,”a”); var_dump($a2);

$a3=@$_POST[“3”]; var_dump($a3);

?>

【PHP】POST値の参照の仕方yukasakuWEB備忘録POST値の参照は長く以下a1のような方式を取られていたが、 a2のようにPHP5以降インテリジェントでスマートなfilter_input()が 整備されたこともあり、積極的に使うべき! (filter_inputはデータの整合性をチェックしたり、デフォルト値の指定をすることができます) またa3のような書き方もあるが、任意にエラーを無視する方式のため、おすすめではないとのこと。 <form method='post'> <input type='text' name='a'> <input type='submit' value='go'> </form> <?PHP $a1=isset($_POST)?$_POST:NULL; var_dump($a1); $a2=filter_input(INPUT_POST,'a'); var_dump($a2); $a3=@$_POST; var_dump($a3); ?>メキシコからカナダに移民して、子供産んで、家買って、リフォームしながら猛勉強中。