カナダで職探しをするとなると、だいたいの人がチェックをする職探しオンラインサイトがいくつかあります。

ウィニペグで使うお仕事探しオンラインサイトはだいたいこの辺かな。

ウィニペグは、移民権を取りやすいと言われるマニトバに位置し、カナダ移民したい人たちが日本人に限らず、沢山集まってくる街です。したがって、仕事も見つかりにくいんです。それだけは覚悟した方がいい。日本人の多いトロントやバンクーバーとは比にならない。最近ちらほらと、ワーホリでこちらに来る人も増えてるみたいですが、日本人のカナダでのワーホリ期間は1年しかないので、覚悟してきちんと計画を立てないと、時間切れになることが多々あります。

本題に戻りますが、私は仕事をオンラインで探していて、昨日、私から履歴書を受け取りました。というメールを受け取りました。私は彼らの会社に応募したことを覚えていませんでしたが、沢山の履歴書を送っていたので、忘れてしまったのかな?と思い、返事をしました。少し躊躇しましたが、グーグルで会社名を検索したら、カナダ政府に登録されてるような情報のサイトが出て来たので、少し安心してメールのやり取りをHRとしました。

Auva Financial Corp.という会社です。

彼らは自分の会社名のドメインからの電子メールを送信していて、インスタントなgmail / yahooアカウントではありません。そして、彼らはウェブサイトを持っています://auvafin.com/

トロントに拠点を置き、トロントのYonge St 10番地にオフィスアドレスを持っているようです。 Google検索1ページ目には特に怪しい登録情報は見当たらず、多くのウェブサイトに多数のビジネス登録がありました。

メールにて、HRの人から私にいくつかのポジションを紹介されました。私はData Entryに興味があります。と言いました。そして、雇用契約書が送られてきたのでそれに署名して送りました。内容はフルネーム、現住所、電話番号、サインくらいでした。あまりに個人的な情報を求められなかったので、とりあえず送りました。

いくら沢山履歴書を送っても、いくら何でも会社名をチラリくらいは覚えてるはずなのに、全然記憶が無かったので、少し警戒気味にメールのやり取りをしていて、もしもっと大切な個人情報、私のSIN番号、銀行口座番号を働き出す前に聞いてきたら、その時考えようと思ってました。

そしたら、あまりにも早く、請求されることとなりました。

「あなた、IDの提出を忘れてるわよ?これからは気を付けてね。」と。

で、最初は、

「なんのID?私、あなたの会社からアカウントナンバーか何かもらったかしら?まだ受け取ってないんですけど。」

と、すっとぼけてみました。そしたら、

「運転免許でもパスポートでもいいけど、そういうIDね。」と言われ、

「まだ、面接もしてないのに、それは無いでしょう。」と言ったら、

「じゃぁ、Insurance Card番号だけでもどう?」と、かるーく言われ、

どう?って何なの??って思ったけど、Scamだねって思って、もう相手するの止めました。

 

Google検索で会社名、Auva Financial Corp.と検索すると1ページ目には表示されてなかったのですが、2ページ目にScam!とありました。会社のホームページや登録情報がきちんとWEBマーケティングされてると、Scam情報のコメントよりもホームページがきちんと表示されるんですね。こわい、こわい。ってか、トップにカナダ政府のサイトに会社登録されてる情報が表示されるのがなんとも信用させられるなぁと。

カナダ政府、どうにかせんかい!

Scam情報の中にはつい最近の情報で、私の運転免許証を渡しちゃったという人が、どうしよう!と相談してました。→こちら

そして、会社はその彼に、お給料は電子メールアドレスで電子転送手段で支払うつもりだと言ったそうです。

Interacというやつですね。お給料の支払いでInteracを使いますと言われた場合、100%Scamだと考えた方がいい。

Kijijiで1000ドル以上の物を掲載した場合も、ほんとによく

「私は今、別の州に住んでいるんだけど、あなたの売ってる物に惚れぼれしたので、是非倍の金額、2000ドルで購入したい。」

とか言って来て、

「あなたに小切手を多めの金額、5000ドルで送るから、500ドルは報酬として受け取ってくれ、で、それらを差し引いた2000ドルを、あなたの口座から私に送金してくれ。」

とか、まぁ訳のわからない理由を並べて、お金を振り込ませようとします。ほんとに本物の小切手が送られてきたこともありますが、それは銀行に持って行くと何かが理由で(すみません、理由忘れましたが、小切手の表側を見ると銀行員の方はわかるみたいです。)不履行になってお金が手に入らない仕組みになってるんだそうです。

私は東京出身で、東京でも色んな詐欺を見て来たし、それに引っかかって沢山お金取られたこともあったけど、東京よりは意外とわかりやすい詐欺がカナダでは多いかなと感じます。でもくれぐれも気を付けて下さいね。

 

最近は、オンラインで職探しをすることが当たり前で、私たちはオンライン上に自分の個人情報を掲載します。その個人情報を取る為に、会社として登録し、雇用しますと偽って個人情報を盗む人が多いみたいですね。

私が思うに、個人情報といっても、家の住所や携帯電話番号、フルネーム、誕生日、銀行名くらいなどはたいして問題ありません。知らない人に渡すのは気持ち悪いですけどね。

信用してから出ないと渡したらダメな個人情報は、

SINナンバー

運転免許情報

パスポート/レジデンスビザ/ワークビザ情報

Taxレポート情報

州発行のヘルスカード情報

これを採用前に聞かれたら、SCAMです。気を付けましょう。

 

↓↓↓「ブログ村」に参加中です。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

気を付けようSCAM!カナダで職探し。//yukasaku.com/wp-content/uploads/2018/05/カナダでSCAM.jpg//yukasaku.com/wp-content/uploads/2018/05/カナダでSCAM-150x150.jpgyukasakuカナダ移民カナダで職探しをするとなると、だいたいの人がチェックをする職探しオンラインサイトがいくつかあります。 Indeed.ca Job Bank Kijiji.ca ウィニペグで使うお仕事探しオンラインサイトはだいたいこの辺かな。 ウィニペグは、移民権を取りやすいと言われるマニトバに位置し、カナダ移民したい人たちが日本人に限らず、沢山集まってくる街です。したがって、仕事も見つかりにくいんです。それだけは覚悟した方がいい。日本人の多いトロントやバンクーバーとは比にならない。最近ちらほらと、ワーホリでこちらに来る人も増えてるみたいですが、日本人のカナダでのワーホリ期間は1年しかないので、覚悟してきちんと計画を立てないと、時間切れになることが多々あります。 本題に戻りますが、私は仕事をオンラインで探していて、昨日、私から履歴書を受け取りました。というメールを受け取りました。私は彼らの会社に応募したことを覚えていませんでしたが、沢山の履歴書を送っていたので、忘れてしまったのかな?と思い、返事をしました。少し躊躇しましたが、グーグルで会社名を検索したら、カナダ政府に登録されてるような情報のサイトが出て来たので、少し安心してメールのやり取りをHRとしました。 Auva Financial Corp.という会社です。 彼らは自分の会社名のドメインからの電子メールを送信していて、インスタントなgmail / yahooアカウントではありません。そして、彼らはウェブサイトを持っています://auvafin.com/ トロントに拠点を置き、トロントのYonge St 10番地にオフィスアドレスを持っているようです。 Google検索1ページ目には特に怪しい登録情報は見当たらず、多くのウェブサイトに多数のビジネス登録がありました。 メールにて、HRの人から私にいくつかのポジションを紹介されました。私はData Entryに興味があります。と言いました。そして、雇用契約書が送られてきたのでそれに署名して送りました。内容はフルネーム、現住所、電話番号、サインくらいでした。あまりに個人的な情報を求められなかったので、とりあえず送りました。 いくら沢山履歴書を送っても、いくら何でも会社名をチラリくらいは覚えてるはずなのに、全然記憶が無かったので、少し警戒気味にメールのやり取りをしていて、もしもっと大切な個人情報、私のSIN番号、銀行口座番号を働き出す前に聞いてきたら、その時考えようと思ってました。 そしたら、あまりにも早く、請求されることとなりました。 「あなた、IDの提出を忘れてるわよ?これからは気を付けてね。」と。 で、最初は、 「なんのID?私、あなたの会社からアカウントナンバーか何かもらったかしら?まだ受け取ってないんですけど。」 と、すっとぼけてみました。そしたら、 「運転免許でもパスポートでもいいけど、そういうIDね。」と言われ、 「まだ、面接もしてないのに、それは無いでしょう。」と言ったら、 「じゃぁ、Insurance Card番号だけでもどう?」と、かるーく言われ、 どう?って何なの??って思ったけど、Scamだねって思って、もう相手するの止めました。   Google検索で会社名、Auva Financial Corp.と検索すると1ページ目には表示されてなかったのですが、2ページ目にScam!とありました。会社のホームページや登録情報がきちんとWEBマーケティングされてると、Scam情報のコメントよりもホームページがきちんと表示されるんですね。こわい、こわい。ってか、トップにカナダ政府のサイトに会社登録されてる情報が表示されるのがなんとも信用させられるなぁと。 カナダ政府、どうにかせんかい! Scam情報の中にはつい最近の情報で、私の運転免許証を渡しちゃったという人が、どうしよう!と相談してました。→こちら そして、会社はその彼に、お給料は電子メールアドレスで電子転送手段で支払うつもりだと言ったそうです。 Interacというやつですね。お給料の支払いでInteracを使いますと言われた場合、100%Scamだと考えた方がいい。 Kijijiで1000ドル以上の物を掲載した場合も、ほんとによく 「私は今、別の州に住んでいるんだけど、あなたの売ってる物に惚れぼれしたので、是非倍の金額、2000ドルで購入したい。」 とか言って来て、 「あなたに小切手を多めの金額、5000ドルで送るから、500ドルは報酬として受け取ってくれ、で、それらを差し引いた2000ドルを、あなたの口座から私に送金してくれ。」 とか、まぁ訳のわからない理由を並べて、お金を振り込ませようとします。ほんとに本物の小切手が送られてきたこともありますが、それは銀行に持って行くと何かが理由で(すみません、理由忘れましたが、小切手の表側を見ると銀行員の方はわかるみたいです。)不履行になってお金が手に入らない仕組みになってるんだそうです。 私は東京出身で、東京でも色んな詐欺を見て来たし、それに引っかかって沢山お金取られたこともあったけど、東京よりは意外とわかりやすい詐欺がカナダでは多いかなと感じます。でもくれぐれも気を付けて下さいね。   最近は、オンラインで職探しをすることが当たり前で、私たちはオンライン上に自分の個人情報を掲載します。その個人情報を取る為に、会社として登録し、雇用しますと偽って個人情報を盗む人が多いみたいですね。 私が思うに、個人情報といっても、家の住所や携帯電話番号、フルネーム、誕生日、銀行名くらいなどはたいして問題ありません。知らない人に渡すのは気持ち悪いですけどね。 信用してから出ないと渡したらダメな個人情報は、 SINナンバー 運転免許情報 パスポート/レジデンスビザ/ワークビザ情報 Taxレポート情報 州発行のヘルスカード情報 これを採用前に聞かれたら、SCAMです。気を付けましょう。   ↓↓↓「ブログ村」に参加中です。クリックをよろしくお願いします。メキシコからカナダに移民して、子供産んで、家買って、リフォームしながら猛勉強中。