最近、他のブログでも聞かれることが多いので書こうと思います。

カナダに移民しようとしてる人なら知ってることかと思いますが、マニトバ州が一番移民申請しやすいです。また、速いです。なぜなら・・・

他の州は、日本人沢山いるけど、この州にはあまりいません。

そんなことからもわかる通り、そう、人気が無いんですよ。

気候も、驚くほど寒いし、夏は蚊が多い。

でも、カナダ移民したいなら、マニトバ州に来るべきです。

どっかのわけのわからない移民弁護士や、エージェントに高いお金払って、狭き門から申請するより、よっぽど安全で速い。

それなりにストレスもあります。

でも、他の州に比べたら短期間のストレスじゃないかな。

私は、本当はバンクーバーに行きたかった。ケド、なんでマニトバに来たかって、全て移民申請の為。当時は、メキシコからインターネットでカナダ移民について調べてたんだけれども、結局お金ばかり取られて、何の役にも立たなかった。

カミリオンとかいう、バンクーバーにあるエージェントは、面倒だからJun Center(と言うエージェント)にお願いして、引き出すコミッションはなるべく○子さん(カミリオンがお世話になってる弁護士?)にいくようにしますから。という、ありえないメールが私に送られてきた時にはビックリした。

そして、トロントにあるエージェントでは、メキシコ人が関わる場合は対応できないと断られ、メキシカンカナディアンのエージェントを紹介されたところ、150ドルぼったくられた。

さらに、ここ、ウィニペグに到着後、移民申請のストレスで旦那さんとケンカが増え、お金を払って移民弁護士を頼むことにしたのはいいものの、6か月目のいよいよ申請出来るぞ!という日に、弁護士は旅行に行ってしまい、その上、貴女には申請する資格が無いという始末・・・。既に3000ドル払ってしまってるのに、さらに
1500ドル要求され、何も仕事してくれてないのに、返金を求めたいくらいだ!と裁判までしました。しかし、たった3000ドルでは、裁判費用が見合わずに、1500ドルを払わない代わりに、3000ドルの返金も求めないという、ありえない和解をしてしまったんですけどね。

この弁護士は、アルゼンチン人の移民弁護士で、相当なおじいちゃん。ただ口は達者。
当時私が働いてて、旦那さんが英語が話せなくて学生だったため、旦那さん中心で申請準備を進めたいと思ってた私は、スペイン語で会話出来る弁護士を探した為、このありえない弁護士にたどり着いてしまいました。

PNP移民申請で注意すること。

結局は自分なんです。
自分で調べて、自分で頑張るしかないんです。
訳の分からないエージェントや、弁護士なんて必要ないです。

だって、ウィニペグに来れば、ボランティア弁護士がいるんですから!!!

お金払っちゃだめですよ。
カナダに移民したかったら、ウィニペグにおいで~!

↓↓↓「ブログ村」に参加中です。クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

3000ドル払っても仕事をしてくれなかった移民弁護士の話yukasakuカナダ移民最近、他のブログでも聞かれることが多いので書こうと思います。 カナダに移民しようとしてる人なら知ってることかと思いますが、マニトバ州が一番移民申請しやすいです。また、速いです。なぜなら・・・ 他の州は、日本人沢山いるけど、この州にはあまりいません。 そんなことからもわかる通り、そう、人気が無いんですよ。 気候も、驚くほど寒いし、夏は蚊が多い。 でも、カナダ移民したいなら、マニトバ州に来るべきです。 どっかのわけのわからない移民弁護士や、エージェントに高いお金払って、狭き門から申請するより、よっぽど安全で速い。 それなりにストレスもあります。 でも、他の州に比べたら短期間のストレスじゃないかな。 私は、本当はバンクーバーに行きたかった。ケド、なんでマニトバに来たかって、全て移民申請の為。当時は、メキシコからインターネットでカナダ移民について調べてたんだけれども、結局お金ばかり取られて、何の役にも立たなかった。 カミリオンとかいう、バンクーバーにあるエージェントは、面倒だからJun Center(と言うエージェント)にお願いして、引き出すコミッションはなるべく○子さん(カミリオンがお世話になってる弁護士?)にいくようにしますから。という、ありえないメールが私に送られてきた時にはビックリした。 そして、トロントにあるエージェントでは、メキシコ人が関わる場合は対応できないと断られ、メキシカンカナディアンのエージェントを紹介されたところ、150ドルぼったくられた。 さらに、ここ、ウィニペグに到着後、移民申請のストレスで旦那さんとケンカが増え、お金を払って移民弁護士を頼むことにしたのはいいものの、6か月目のいよいよ申請出来るぞ!という日に、弁護士は旅行に行ってしまい、その上、貴女には申請する資格が無いという始末・・・。既に3000ドル払ってしまってるのに、さらに 1500ドル要求され、何も仕事してくれてないのに、返金を求めたいくらいだ!と裁判までしました。しかし、たった3000ドルでは、裁判費用が見合わずに、1500ドルを払わない代わりに、3000ドルの返金も求めないという、ありえない和解をしてしまったんですけどね。 この弁護士は、アルゼンチン人の移民弁護士で、相当なおじいちゃん。ただ口は達者。 当時私が働いてて、旦那さんが英語が話せなくて学生だったため、旦那さん中心で申請準備を進めたいと思ってた私は、スペイン語で会話出来る弁護士を探した為、このありえない弁護士にたどり着いてしまいました。 PNP移民申請で注意すること。 結局は自分なんです。 自分で調べて、自分で頑張るしかないんです。 訳の分からないエージェントや、弁護士なんて必要ないです。 だって、ウィニペグに来れば、ボランティア弁護士がいるんですから!!! お金払っちゃだめですよ。 カナダに移民したかったら、ウィニペグにおいで~! ↓↓↓「ブログ村」に参加中です。クリックをお願いします。メキシコからカナダに移民して、子供産んで、家買って、リフォームしながら猛勉強中。