暖炉(Fireplace)を取り付けよう、それなら大きな備え付け家具を付けよう!と、始めました。向かって右側は、オフィスワークが出来るよう、小さな机にする予定です。

最初にデザインを決めて、欲しいサイズの家具をIKEAで買ってきました。右側の壁が白いのは、壁が冷たかったので断熱材がきちんと入っているのか確認する為に開けました。

真ん中には引き戸を付け、秘密の場所風にしました。

この真ん中の位置には掛けテレビを付けるので、扉がスライドで移動できるようにしました。

全体はこんな感じ

暖炉の暖かい風に乗って、部屋中にアロマの香りが広まればなぁと、アロマ加湿器を置きたいと思い、左側IKEA家具上に、コンセント差込口を付けました。

暖炉の裏側の思い切り無駄なスペースを活用すべく、とりあえず扉を付けました。左右にチェストが存在するために、下開きにしました。何を置くかは、今後考えますw

扉が閉まる時にくっつく磁石で簡単にDIY

この磁石で扉が閉まる、簡単に開閉ができる方法でDIYしました。3点を留めるだけなので、とても簡単です。

 

暖炉の裏はこんなにスペースがあるんだけど何も出来ずに、未だ考え中です。

電気で動くイミテーション暖炉なので、フラットテレビのように薄く、左右のチェストの奥行と位置を合わせると、裏側はこのようなスペースがあるんです。本物の暖炉は、木を燃やして、掃除も大変そうだし、家の保険も高くなるし、なにせ火事が怖いので、我が家はイミテーション暖炉で十分です♪しかも、今はまだ考え中だけど、こんなにスペースがあるなんて、ちょっとひみつの倉庫っぽくてワクワクします。

 

暖炉から暖かい風が出てくるということは、空気を吸い込む「空気口」がないとダメかなと、風の入り口を付けました。場所はどこでもよかったのですが、ちょうどよいスペースが暖炉下部分にあったので、この位置にしました。以前、ベンチを作ったときに作った空気口の網の残り破片を利用することが出来ました。捨てなくて良かった♪でも、空気を下部から吸い込ませるということは、埃が裏側のスペースに溜まりそうで心配になってきました。対策を考えないといけません。

暖炉の周りの枠の材料は何だと思いますか?

実は、プラスチック配管を縦半分に切って張ったものなのです。色んな人に驚かれます。

小さなデスクを取り付けました。これがデスク全体になります。

とても使いやすいです。小さい場所に、ちょっとした小さなデスク。スペースを有効利用できていると思います。

こだわり1

楽に作業が出来るように足置きを作りました。ちゃんと角度が付いています。コードがガヤガヤしないように収納できる一時置き場所も取り付けました。

 

こだわり2

先ほどのコード一時収納場所につながる穴と、1つずつ電源が切れる延長コード。これはカナダには無いものなので、日本にいる母に送ってもらいました。

出来上がり全体はこんな感じ。

既に散らかってますが、冬に窓から積もった雪を眺めながら暖炉の前で編み物をするという物語みたいなのをやってみたかったので、それが叶って嬉しいです♪

 

 

 
↓↓↓「ブログ村」に参加中です。クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 住まいブログへ

[DIY]暖炉(Fireplace)を取り付けよう//yukasaku.com/wp-content/uploads/2017/10/18174779e89caa532b26e32604ea7f72-1024x576.jpg//yukasaku.com/wp-content/uploads/2017/10/18174779e89caa532b26e32604ea7f72-150x150.jpgyukasakuDIY暖炉(Fireplace)を取り付けよう、それなら大きな備え付け家具を付けよう!と、始めました。向かって右側は、オフィスワークが出来るよう、小さな机にする予定です。 最初にデザインを決めて、欲しいサイズの家具をIKEAで買ってきました。右側の壁が白いのは、壁が冷たかったので断熱材がきちんと入っているのか確認する為に開けました。 真ん中には引き戸を付け、秘密の場所風にしました。 この真ん中の位置には掛けテレビを付けるので、扉がスライドで移動できるようにしました。 全体はこんな感じ 暖炉の暖かい風に乗って、部屋中にアロマの香りが広まればなぁと、アロマ加湿器を置きたいと思い、左側IKEA家具上に、コンセント差込口を付けました。 暖炉の裏側の思い切り無駄なスペースを活用すべく、とりあえず扉を付けました。左右にチェストが存在するために、下開きにしました。何を置くかは、今後考えますw 扉が閉まる時にくっつく磁石で簡単にDIY この磁石で扉が閉まる、簡単に開閉ができる方法でDIYしました。3点を留めるだけなので、とても簡単です。   暖炉の裏はこんなにスペースがあるんだけど何も出来ずに、未だ考え中です。 電気で動くイミテーション暖炉なので、フラットテレビのように薄く、左右のチェストの奥行と位置を合わせると、裏側はこのようなスペースがあるんです。本物の暖炉は、木を燃やして、掃除も大変そうだし、家の保険も高くなるし、なにせ火事が怖いので、我が家はイミテーション暖炉で十分です♪しかも、今はまだ考え中だけど、こんなにスペースがあるなんて、ちょっとひみつの倉庫っぽくてワクワクします。   暖炉から暖かい風が出てくるということは、空気を吸い込む「空気口」がないとダメかなと、風の入り口を付けました。場所はどこでもよかったのですが、ちょうどよいスペースが暖炉下部分にあったので、この位置にしました。以前、ベンチを作ったときに作った空気口の網の残り破片を利用することが出来ました。捨てなくて良かった♪でも、空気を下部から吸い込ませるということは、埃が裏側のスペースに溜まりそうで心配になってきました。対策を考えないといけません。 暖炉の周りの枠の材料は何だと思いますか? 実は、プラスチック配管を縦半分に切って張ったものなのです。色んな人に驚かれます。 小さなデスクを取り付けました。これがデスク全体になります。 とても使いやすいです。小さい場所に、ちょっとした小さなデスク。スペースを有効利用できていると思います。 こだわり1 楽に作業が出来るように足置きを作りました。ちゃんと角度が付いています。コードがガヤガヤしないように収納できる一時置き場所も取り付けました。   こだわり2 先ほどのコード一時収納場所につながる穴と、1つずつ電源が切れる延長コード。これはカナダには無いものなので、日本にいる母に送ってもらいました。 出来上がり全体はこんな感じ。 既に散らかってますが、冬に窓から積もった雪を眺めながら暖炉の前で編み物をするという物語みたいなのをやってみたかったので、それが叶って嬉しいです♪       ↓↓↓「ブログ村」に参加中です。クリックをお願いします。メキシコからカナダに移民して、子供産んで、家買って、リフォームしながら猛勉強中。